和讃史概説 - 多屋頼俊

多屋頼俊 和讃史概説

Add: hiwivoh28 - Date: 2020-12-07 14:47:02 - Views: 1052 - Clicks: 8919

29 西田幾多郎 1953. 筑土鈴寛 つくどれいかん ・永井義憲・ 多屋頼俊 たやらいしゅん ・小林智昭・間中冨士子・伊藤博之・今成元昭・山田昭全らが、この分野の研究を進展させて現在に至る。諸説を総合すると、仏教文学の対象とされるのは、以下のような分野が考えられよう。①経・律・論とその註疏。聖典と. 018: 徳富蘇峰: 近世日本国民史 第十九巻 元禄時代 下巻(世相篇) 和208. 374648 「デカメロン」と西鶴好色物 岡戸久吉. 25 近藤書店 1944. 藤堂恭俊編 真宗教学史の研究:歎異抄・唯信抄 鈴木学術財団 安心決定鈔:浄土への道(パドマ叢書3) 西本願寺出版部編 最後の親鸞(増補) 最後の親鸞(増補新装) 親鸞の念仏:信の生活 阿弥陀仏の研究(増訂版) 1911.

え遣す文」「極楽へ遣す添状」「仏になりたるを賀す文」「幽霊指留に遣す文」「竜宮へ頼状」「乙姫病気見廻之文」「鼠之嫁入を賀す文」など、「日用入らざる文言」の奇抜な例文30通を載せる。 五節往来 ゴセツオウライ 播穀寮. 資料形態(詳細): Text: 主題. 折口をふまえて柳田をどう見るか/対談 柳田学のゆくえ 民俗学の将来に柳田を生かす道は何か(谷川健一、宮田登)/分析心理学の視点(河合隼雄)/初稿本『遠野物語』の問題/詩人柳田国男の意味/カミとホトケの民俗学/眼に文字無き人々の文学/ほか. 多屋頼俊、横超慧日、舟橋一哉編・四六判・614頁・本体5,600円+税・ isbn:好評の『佛教学辞典』を新訂・増補。精選された約2700の項目。解説は近年の仏教史研究の成果をふまえ、広範な地域と時代をカバー。和文・欧文索引は約1万5千語を採録. 和讃史概説 フォーマット: 図書 責任表示: 多屋頼俊著 言語: 日本語 出版情報: 京都 : 法藏館, 1992. 大阪綿屋喜兵衛(和多屋喜兵衛・前田喜兵衛・金随堂)ほか板。【分類】消息科。【概要】異称『用文章』。半紙本一冊。同題だが次項とは異なる。享和三年(一八〇三)刊『享和用文章』†の改題本。同書の扉を見返に移動させて書名を『嘉永用文章』と改刻し、さらに目次を一新して頭書. 近世文学続攷近世文学続考 浅野三平: 平成17年 おうふう.

和讃史概説 【多屋頼俊著作集1】 多屋頼俊: 平成4年 法蔵館. 多屋頼俊著作集(2)和讃の研究: 法 蔵 館: 平4: 12,810円: 3040: 今成元昭仏教文学論纂(1)仏教文学総論: 法 蔵 館: 平27: 13,200円: 3041: 今成元昭仏教文学論纂(2)日蓮・信仰と文学: 法 蔵 館: 平27: 13,200円: 3042: 今成元昭仏教文学論纂(3)説話と仏教: 法 蔵 館: 平27: 13,200円: 3043. 資料形態(詳細): Text. 1 形態: 422p ; 22cm 著者名: 多屋, 頼俊(1902-) シリーズ名: 多屋頼俊著作集 ; 第2巻 書誌ID: BN07210834. 019: 徳富蘇峰: 近世日本国民史 第二十巻 元禄亨保中間時代: 和208. 1992年に出版された本の「著者た行07」のページです。著者よみがな順に書誌・書籍出版情報を提供。横断検索やレビュー. 20 得能文 高階順治 高等敎育 哲學概説 東洋圖書 株式合資会社 1932.

昭和30年8月1日 初版印刷 昭和30年8月20日 初版発行 編者 国語学会 『国語学辞典』編集委員会 代表 時枝誠記. 30 波多野精一 西洋 哲學史要 全 大日本出版 株式会社 1901. 佐藤史鼎書。一 斎芳晴画。 安政2年 菊屋幸三郎板。. 020: 徳富蘇峰: 近世日本国民史 第二十一巻 吉宗時代: 和208. 多屋 頼俊(たや らいしゅん、1902年 - 1990年 7月13日)は、日本の国文学者。 仏教文学会主宰。大谷大学研究科修了、京都大学委託研究生。.

和讃史概説(再版) 1933. 近世日本国民史 第十八巻 元禄時代 中巻(義士篇) 和208. 多屋 頼俊(たや らいしゅん、1902年 - 1990年7月13日)は北海道中富良野町出身の国文学者。仏教文学会主宰。大谷大学研究科修了、京都大学委託研究生。 仏教的な見地から『源氏物語』を研究し、「源氏物語の思想」として世に問う。和讃の定義を. 5 無窗遺稿 六條活版製造所 1920. 和讃の研究 フォーマット: 図書 責任表示: 多屋頼俊著 言語: 日本語 出版情報: 京都 : 法藏館, 1992. 寺院・僧職 7. 哲學概説 物と我 1930. 仏教的な見地から『源氏物語』を研究し、「源氏物語の思想」として世に問う。 和讃の定義を初めてした学者で、現在までこの定義は生きている。.

blockquote> 合詞? 15 務臺理作 哲學概論 1958. 多屋 頼俊 (タヤ ライシュン) 明治35年、福井県に生まれる。昭和2年、大谷大学文学部卒業。大谷大学名誉教授。文学博士。真宗大谷派講師。平成2年7月13日逝去。著書『和讃史概説』『源氏物語の思想』(法藏館)『日本古典文学大系82 親鸞集・日蓮集』共著(岩波書店)、『多屋頼俊著作集. 3 形態: 5,10,338p ; 22cm 著者名: 多屋, 頼俊(1902-) シリーズ名: 多屋頼俊著作集 ; 第1巻 書誌ID: BN0749374X. 近世文学考 長谷川強: 年 汲古書院. 法話・説教 6. " 多屋頼俊ほか編 四六判 613頁 5,880円" 仏教入門セット ・数珠のはなし " 谷口幸璽著 四六判 90頁 1,020円" ・仏壇のはなし " 谷口幸璽著 和讃史概説 - 多屋頼俊 四六判 90頁 1,000円" ・墓のはなし.

05初出 復刊 浄土三部経(仏教大系37-41).

和讃史概説 - 多屋頼俊

email: cazozyk@gmail.com - phone:(553) 920-7271 x 9442

アーチェリー教室 - 入江隆 - たつの市

-> 学図版小学理科5年下準拠小学理科5年下
-> 小顔リンパストレッチ - 加藤雅俊

和讃史概説 - 多屋頼俊 - 工事用電気設備ハンドブック 工事用電気設備研究会


Sitemap 1

ナースアイ 特集:観察のダイナミズム 1 - 谷川史子 君と僕の街で